· 

7月11日桜橋小学校 環境教育

東大阪市立桜橋小学校で、環境教育を行いました。今回の授業は2年生を対象に、野菜に興味を持ってもらうことがテーマでした。野菜に興味を持ってもらうために、実物の野菜を使ったゲームをしました。ある野菜のシルエットの写真を出して、何の野菜かを当てるゲームをし、形だけで何の野菜か考えてもらいました。レンコンやブロッコリーなどの形に特徴のある野菜だったので、多くの児童が答えてくれました。その次に、野菜当てゲームをしました。はてなボックスの中に野菜をいれ、触るだけで何の野菜か考えてもらいました。ゲームでは、ゴーヤ、オクラ、トウモロコシの三種の野菜を使用しました。答え合わせの時には、野菜を触った感触や大きさなどを発表してもらい、感触の表現のしかたが様々でした。皮が半分付いているトウモロコシあまり触る機会がないと考え難しいと思っていたのですが、知っていた児童が多かったです。思っていた以上に普段から野菜に興味を持ってくれているんだなと感じました。野菜は家や給食などで、ほとんど毎日食べているとおもうが、野菜を触る機会があまりないという事で、今回の授業を通して、野菜にもっと興味を持ってくれたと思います。