· 

9月12日 桜橋小学校 環境教育

9月12日 桜橋小学校 環境教育

今回は桜橋小学校の5年生を対象に、「生き物の特徴とその利用」についての授業を行いました。この授業を行った目的は、生き物の特徴を理解し、何かに利用する想像力をつけてもらうことと、生き物の特徴の意味を考えて観察できるようになってもらうことです。

1時間目は、「出張ビオトープ・植物園」を用いて、生き物観察を行いました。「出張ビオトープ・植物園」では、アメンボ、オジギソウ、カエル、ナナフシ、ヘビ、カマキリ、イロハモミジの種子などの生き物を用意しました。実際に生き物を観察してもらうと、普段あまり見る機会のない生き物もいたようで、とても喜んでもらえました。また、ハスの撥水する特徴を利用して作られたヨーグルトのふたを紹介し、実際に子どもたちに水をふたの上に乗せてもらいました。水がはじかれて転がるように落ちていくのが面白くて、とても盛り上がりました!

2時間目は、生き物の特徴を真似して発明を行いました。まず、図鑑で生き物の特徴を調べ、その特徴を利用して、班で一つ発明の設計図を書いてもらいました。みんなそれぞれ素晴らしい発明をしていて、子どもたちの発明力はさすがだなと感心しました!これからも、生き物の特徴に興味を持ってほしいなと思います。