· 

城陽緑化フェスティバル

 

城陽緑化フェスティバルとは、1回生が主体となって企画するイベントです。私たちが行ったことは、4つに分けられます

1つ目は販売です。販売では、自然のものを加工して売り物にしました。1つ例を出すなら竹灯篭です。竹灯篭は、学校の敷地内にある竹を伐採してドリルを使い穴をあけ作りました。他には、松ぼっくりを使ったハリネズミやドングリを使ったリース、苔を使った苔玉を販売しました。どれもクオリティーが高く好評でした。

 

2つ目は工作です。落ち葉を画用紙に貼る落ち葉アートと、竹を使った水鉄砲を参加者に作ってもらいました。水鉄砲は子供にとても人気があり2時間で材料がなくなってしまいました。逆に落ち葉アートでは、子供だけではなく大人の方にも人気でした。個性的な作品ができ、担当していたメンバーも、とても楽しそうでした。

 

3つ目は体験です。体験では水鉄砲を使い的あてと竹馬をしてもらいました。的あてのブースでは工作で作った水鉄砲を使いました。ブースの担当者の中には、水をかけられびちゃびちゃになる人もいましたが双方楽しそうで良かったです。竹馬では、子供一人に担当者が1人付き竹馬に乗れるよう補助をしました。竹馬に乗れるようになった子が「ありがとう」と言ってくれてとても嬉しかったです。

 

 4つ目は全体企画でツアーを行いました。参加者に城陽五里五里の丘に対する理解を深めることを目的に行いました。ツアーでは公園内に置かれたスタンプを見つけるごとにその場所や植物の説明を行い、子供達も楽しそうでした。

 今年の城陽では、担当の人も参加者も楽しめ成功だったと思います。まだ企画に不慣れなのでこれからも頑張っていきたいです!!