· 

10月31日桜橋小学校 環境教育

 今回は小学3年生を対象に「植物の一生」をテーマに環境教育を行いました。植物の中でも普段食べている野菜や果物を取り上げて、それらがどのような姿で一生を送っているのか、またどの時期のどの部分を食べているのかについて興味を持ってもらうことを目的として授業を行いました。
 はじめにトマトを例に植物の一生の流れを確認した後、「植物の一生並べ替えゲーム」を班ごとにやってもらいました。このゲームではオクラとサツマイモの花や芽などの写真を用意し、正しい一生の順番になるように並べ替えてもらいました。少し悩んでいる班もありましたが、ヒントとして大学から持ってきたオクラの種を見せると、「分かった!」と言っていました。
 次に「私の名前は何でしょう?」というクイズを行いました。このクイズでは植物の一生の姿のうち食べる部分を隠したものを見せてそれが何の野菜・果物であるか当ててもらいました。クイズではニンジン・ゴマ・パイナップル・ブロッコリーの一生を取り上げました。楽しそうにクイズに取り組んでくれていたのが印象に残っています。
 最後に、野菜の普段見ることのできない姿を簡単に見る方法として再生野菜を紹介し、実際に再生させたニンジンを見てもらいました。