· 

3月3日 BCP 定例活動

 今回の活動は、シイタケ栽培に必要な原木づくりでした。普段の活動場所からは少し離れ、クヌギ、コナラの多く生えるエリアで原木となる木を調達しました。

 まずはノコギリで適切な長さに切り、次にナタで細かな枝をそいでいきました。活動前は暖かな天気に「寒くない!」と喜んでいるメンバーもいました。しかし、活動人数が5人であること、ノコギリやナタを用いたハードな作業、加えて急な傾斜の往復により、春の陽気でも汗ばむくらいでした。とはいえ、テントウムシやオオイヌノフグリなどが顔を見せだしていて、本格的な春の訪れにメンバーたちは胸を躍らせていました。

 次回の活動では、今回切った木を移動させてシイタケを育てるための足場を作りたいと思います。